ささやかな楽しみ

  • 2013年03月11日

私は、小さな会社を経営している為、日々様々なストレスに悶々としています。そんな生活の中の私のささやかな楽しみはオナクラ通いです。普段、会社ではいつもピリピリした社長ですし、家庭では良き夫をやっています。そんな私でも、時にはアブノーマルな事をしたくなってしまうのです。そんな訳で、先日は池袋のオナクラへ行って来ました。昔からある店ですが行くのは今回が初めてとなりました。女の子を指名する事も出来るのですが、今日は一刻も早くプレイを開始したかったのでフリーで入りました。そして、私の前に女の子が現れました。長身のスレンダータイプの若い子です。正直、私は慎重が低いので長身の女性は苦手でした。しかし、逆に見下ろされながら、下半身を露出している自分の姿が、とても可笑しく思え、同時に少しだけ変態じみた喜びを感じ始めました。気付けば、私は夢中になってオナニーに励んでいました。そして、一人で勝手にイキました。終わってみると、虚しさだけが残ってしまいますが、この可笑しな状況さえも最近では好きになってきました。私は自分が変態であるとは思いませんが、オナクラ通いは辞められない様です。

ついでに関連記事を読む